J工房初めてのお客様! 新築戸建て住宅♪

こんにちは、施工の重城です!

先日、お引渡し済みのお客様から家具の脚をカットできないかとご相談をいただきました。

cut1.png
ご依頼いただいた家具はダイニングテーブルとイス4脚です!

毎日の「座る・立つ」の動作の中で少し高いなと感じていたので、
あとちょっと短くできないかなと思っていたそうです。
DIYとか流行っているから自分でやろうかとも考えていたそうですが、
ガタガタになっても嫌だったのでできずにいたそうです。
それでカットできる職人さんがいないかと相談をいただきました。

一度、どんなものか見させていただき、私でもカットできそうだった為、
J工房で対応させていただきました!

※公式に承っているサービスではございません。
 対応できない場合もありますので、予めご了承ください。
 また、職人様や業者様をご紹介できることもあります。
 お困りごとがある際は、お気軽にご相談ください。

cut2.pngcut3.png
まずは、平らな床の上で床から平行に〇〇cmと決めてテープを貼り、カット!
床を傷つけない為にカットした面、角をヤスリ掛けします。

cut4.pngcut5.png
100円均一で購入した、家具の脚裏に付けるフェルト!
このひと手間が、フローリングの傷を防ぐことができ、家自体を長持ちさせることにつながります!
この作業はお客様のお子さんと一緒に取り付けしました~☆
haru2.png
小さなかわいい手で貼り付けてくれました!上手にできました~♪

cut6.png
完成~!!

今回、カットと加工代として費用をいただきました。
J工房で製作の活動をしている中でお金いただいた初めてのお客様です!
「毎日の事なのでとても良かった♪」と嬉しいお言葉をいただけました!
自分自身も物件、暮らしの紹介等をする立場として勉強になりました。
お困りの事があれば相談からでも、お気軽にご連絡下さい!!

J工房の作品集はこちら>>
おうちでDIYに挑戦してみたいというお客様にはライズウェルの現場で廃木材の無料提供を行っていますので、ぜひ、ご利用ください!
廃木材といっても、家を建てる材料なので、品質はバッチリです!
廃木材の提供情報はこちら>>Let's DIY!

2×4材を使って簡単DIY! 実践Let's DIY!Vol.6【作業台】

こんにちは、施工の重城です!
いつも『実践Let'sDIY!』でご紹介している作業は私が担当しています!
その名も『J's工房』
今後も『J's工房』からたくさんの簡単DIYをお届けしていくのでお楽しみに♪

今までの作品集!はこちら>>

さて、『J's工房』で作業をしていく上で、作業台が欲しいなぁと常々思っていたのですが、先日ホームセンターでこんな物を発見!
worktable1.png
前回ご紹介した『2×4材』と組み合わせて簡単にDIYができるジョイント部品です。
使わない時は折り畳む事ができるものが出来そうなので、
こちらを使って作ってみる事にしました!それではLet's DIY!

【本日のお品:作業台】
IMG_6895.png


【使う木材】
・2×4材×適宜

前回ご紹介した『2×4材』!
前回の記事はこちら>>「花壇の作り方大公開! 実践Let's DIY!Vol.5」

2x4材は、2インチ(50.8㎜)x4インチ(101.6㎜)の角材。
worktable2.pngworktable3.png
乾燥段階の収縮などから、1.5インチ(38㎜)x3.5インチ(89㎜)程度のサイズで規格化されています。規格寸法の木材の為、どこで買っても同じ大きさの木材です!

現在はこの2×4材に合わせて様々なジョイント部品が発売されています!
2×4材とジョイント部品を組み合わせるだけで簡単にDIYできちゃいます!


【用意するもの】
・のこぎり
・メジャー
・鉛筆などの印をつけるもの
・ビス(100円均一でも手に入ります。)
・電動ドライバー(無ければドライバー)
・金槌

【組み立て】
ジョイント部品に2×4材を差し込んでみてお好みの台の大きさを決め、
材料をカットしていきます!
worktable4.png

カットした木材にジョイント部品をはめ込んでいきます。
これがなかなか固かったので金槌を使いました。
worktable5.png

金槌でそのまま叩いたら、部品が傷だらけになってしまいました(T_T)
いらない木材を間に挟んで叩くと傷がつかないです!
worktable6.png

ジョイント部品の元々開いている穴にビスを打って固定します。
worktable6-2.png

広げた時に地面に平らに設置するように先端を斜めにカットします。
worktable7.pngworktable8.png

完成~~~!!
worktable.png

仕上げに塗装をして、もう一つ同じものを作ればこんな感じ!
IMG_6897.pngIMG_6896.png

ビスの固定を片側だけにすれば、折りたたみにもなります!
IMG_6898.pngworktable9.png
使わないときは、折りたたみもできて、省スペースでいい感じです!

2つ並べたら長い物でも、板でも乗せられます!
worktable11.png

また、こんな使い方も♪
worktable10.png
「(現場に車が停められない時に積んで行こう!)と思って買った私の折りたたみ自転車の使い道がやっと来た!」と思ったのですがイメージと違いました・・・(T_T)

本来のイメージはこう↓
worktable13.png
(写真はネットから拝借いたしました。)
今回の作業台より、幅も高さも長くすれば、木製のバイクスタンドに♪
ぜひ、みなさんもお好みのサイズの一品を作ってみてくださいね!

次回はこの作業台を使って作業に挑戦します!!
次回をお楽しみに~♪

プランターボックス作りました! 営業部佐々木のDIYシリーズ♪

営業部の佐々木です!
最近Stay Homeの影響で私の趣味にDIYが追加されました(笑)

今回はライズウェルの倉庫に眠っていた木材を利用してプランターボックスを作成しました。
弊社でも『オリジナル花壇』を製作していますが、
今回のプランターボックスは完全に佐々木個人宅用です(笑)
RWオリジナルプランターは近々作り方を公開いたしますので、お楽しみに♪

RWオリジナル花壇についてはこちら>>

J's工房の作品たちはこちら>>


今回使用したのはナチュレウォールという天然木の外装材と杉の角材です。

【材料はこちら】
2planterbox.jpg

木材の他に本体用のビス外装材用のビス木材保護塗料です。
ナチュレウォールは倉庫で現場監督の社員に丸ノコでカットしてもらったので、自分では角材のみカットしました。

3planterbox.jpg
のこぎり次第ですが、簡単にカット出来ます。


【カット済みの材料がこちら】

4planterbox.jpg

【本体を仮で組み立ててみます】
7planterbox.jpg

【ビス用の下穴をドリルで空けます】

8planterbox.jpg15planterbox.jpg
ちなみにこちらの電動ドリル兼ドライバーはIKEAで数年前に購入したものです。
ビスの下穴を空けることでスムーズにビス打ちができ、木材の割れを防ぐことが出来ますのでこのひと手間を怠らないことが成功の秘訣です!


【組み立てていきます】

11planterbox.jpg12planterbox.jpg



【本体完成!】

14planterbox.jpg
こんな感じで本体は完成です!

この後、材料全てに水性の外部木部保護剤を塗りました。(写真撮り忘れました(^^;)

【外装材を取り付けていきます】
16planterbox.jpg18planterbox.jpg19planterbox.png
20planterbox.jpg
24planterbox.jpg25planterbox.jpg
今回は意匠性が高い木材を使用しましたが、普通のベニヤ板を貼ってペンキで塗装しても良いですね。濃い色の塗料であれば廃材などもキレイに変身します。

【最後の板を取り付けてついに完成です!!】
27planterbox.png
28planterbox.png

写真ではキレイに見えますが、実際は床に置くとガタガタしています。(笑)
それも自分で作って自分で使うDIYの醍醐味ですね。既に愛着が湧いています!
屋外で夏野菜を栽培するプランターを入れようと思いましたが、
思いの外カッコよく作れたので家の中で観葉植物の鉢でも置いてみようかと思っております♪

自分で使いやすいサイズで作れるのもDIYの良い所ですので、
今回は材料のサイズなどは掲載しておりません。
オンリーワンの家具を、DIYで作ってみてはいかがでしょうか?

ライズウェルの建築現場では建築中に出た余り材を誰でも持ち帰られるように廃材BOXを設置しておりますので、ぜひ活用してみてください。
廃材の無料提供情報はブログカテゴリの『Let's DIY!』をチェックしてみてください!
廃材の無料提供情報はブログカテゴリの『Let's DIY!』はこちら>>

花壇の作り方大公開! 実践Let's DIY!Vol.5【RWオリジナル花壇】

先日、RW事務所前にお花を飾りました!
flowerbox3.jpg
前回ブログ記事はこちら>>「RWオリジナル花壇ができました!」

その際に製作風景は載せたのですが、詳しい作り方は載せなかったところ、
「今回作り方載せないの~?」と嬉しいリクエストをいただきましたので、
改めて製作過程をアップしちゃいます♪
それではさっそく、『実践Let's DIY!』コーナー♪スタート!

今までの作品集!はこちら>>


【本日のお品:RWオリジナル花壇】
2020.06.05flower1.jpg
新型コロナウィルスの影響で販売がガクッと落ちてしまっている、
お花業界の売り上げに少しでも貢献したい!
また自粛で思うように外出できない重い気持ちをお花で癒してもらいたい!

そんな思いから、事務所玄関前に飾る花壇を作ることにしました!

【使う木材】

今回はカット済みの木材を使用し、さらに簡単に仕上げていきます!
カット済みの木材の代表格でもある2×材(ツーバイ材)というものを使っていきます。

2x材は、もともと2x4工法に使用される木材の事をいいます。
日本の軸組み工法が柱で強度を出すのに対して、
2x4工法は壁を組んでいく事で強度を出していきます。

2x材の代表格である、2x4材は、2インチ(50.8㎜)x4インチ(101.6㎜)の角材という意味でしたが、乾燥段階の収縮などから、1.5インチ(38㎜)x3.5インチ(89㎜)程度のサイズで規格化されています。規格寸法の木材の為、どこで買っても同じ大きさなのです!

建築に使用されることから、規格化された木材の流通が非常に多く、
成長の早い木であるため安価に流通していて、ホームセンターでは置いてない店がないほどメジャーな木材です。
加工もしやすく、はじめから、ある程度表面が研磨してあり角は面取りまでしてあるので、旧来の角材と比較すれば、トゲが刺さる心配や面取り・研磨の手間がなく、楽にDIYに挑める木材です。

良くSPF材と呼ぶ人もいますが、これは2x材の木の種類の事を言っています。
SPFとは、常緑針葉樹の総称で、
S=スプルーフスプルース(Spruce、米トウヒ)
P=パイン(Pine、マツ類)
F=ファー(Fir、モミ類)
 を合わせた呼称です。

そんな扱いやすい木材で作っていきます!

mokuzai.png
【2×4材(厚み38㎜×奥行89㎜のもの)】
・850㎜×1本
・770㎜×2本
・1450㎜×2本
【カット材】
・幅900㎜×厚み30㎜×奥行250㎜

今は、ホームセンターで『1カット〇〇円!』などという風に、どこもやっているので大きな木材のカットが難しい人や面倒だわという人はお任せしちゃいましょう!
もちろん、切るのが得意だったり、お好きな方はお好みのサイズにカットしてくださいね!

ここで、ご自身でカッティングする方のための裏技をご紹介!
kadan5.png
写真のように自分でカッティングすると切れ端が出てきます。
実はこの捨てるしかないような部分も使えるのです!

kadan6.png
kadan7.pngkadan8.png
材料の木材と同じ幅や厚みなので、切れ端を採寸し穴を開け、ほかの木材と合わせるだけで、同じ位置に印をつけたり、穴を開けることができちゃうんです!
ぜひ、試してみてくださいね♪

ホームセンターでカッティングされる方も、切れ端を貰えると思いますので、お店の人に聞いてみるといいかもしれません。

【用意するもの】
・のこぎり
・メジャー
・鉛筆などの印をつけるもの
・木ネジ(100円均一でも手に入ります。)
・ダボ
・やすり
・電動ドライバー(無ければドライバー)
・電動ドリル(無ければキリのようなもの)

【組み立て】
kadan11.png
写真のような配置で組み立てていきます。(写真は上下逆になってしまいすみません。)
先ほどの裏技で下穴を開けていき、木ネジや釘で固定していきます。

今回はダボにも挑戦していきます!
DSC_1213.JPGkadan9.png
ダボを使うことで固定した木ネジや釘も隠すことができるので、仕上がりが綺麗になります!

まずは下穴を開けていきます!
kadan10-2.png
ダボの太さに合う木キリ(穴を開けるドリルの刃)を持っていなかったので、様々な太さの穴を開けられるドリルの刃で代用!1本持っておくと便利かもしれません♪
kadan10.png
穴を大きく開け過ぎないようにテープで目印を付けると均一の穴の大きさになりますよ!

kadan11.png
全て穴開けしたら配置!

kadan12.pngkadan13.png
あとは段差ができないように合わせて留めるだけ!
下穴を開けているので楽ちんです♪コツは少し深くビスを留めておく事!

kadan14.pngkadan14-2.png
ダボの穴にボンドを詰めます!

kadan15.png
ダボを差し込み金槌で入れていきます。

kadan15-2.png
はみ出したボンドを拭き取ります.
残ると塗装のムラやツヤが出てしまう原因になるので注意しましょう!

kadan16.pngkadan16-2.png
ボンドが乾いたらダボをカット!そして全体をヤスリ掛けしていきます!

kadan17.png
そして塗装~♪
ラッカーうすめ液をペンキと混ぜると薄く塗りやすくなります!

kadan18.png
今回はアンティーク感を出す為2度塗りに挑戦!
塗料が乾いたらまたヤスリ掛け!そしてまた塗装~♪

flowerbox4.jpg
ついに、完成~!!

kadan16.jpg
社名も前回作ったステンシルでスプレ~~!!

kadan13.jpgkadan12.jpg
後はフックを裏側に付けるだけ!
フックに花の鉢植えを入れたBOXなどを吊り下げて使います!

kadan19.pngkadan20.png
今はおしゃれなバスケットが手軽に手に入るので、吊り下げてもいいですね!
プランターをそのまま掛けても良いかもしれません!
最近はプランターも100円ではないですが、100円均一でも手に入ります!
吊り下げるためのチェーンも100円均一にあります!
RWオリジナル花壇では、鉢植えを入れるBOXも自作しました!
その様子と作り方は次回の『実践Let's DIY!』をお楽しみに♪

flowerbox3.jpg
難しそうに見えても実はとても簡単なRWオリジナル花壇!!!
ホームセンターで木材をカットしてもらえばビスを30本程留めるだけ!
サイズもおうちの置きたいところのサイズに合わせれば、ご家庭ごとのオリジナル花壇を作ることができますので、是非皆さんも挑戦してみてはいかがでしょうか?

2×材にこだわらずライズウェルの現場から廃材持っていっても作ってみてみてくださいね!
廃材の無料提供情報はブログカテゴリの『Let's DIY!』をチェックしてみてください!
廃材の無料提供情報はブログカテゴリの『Let's DIY!』はこちら>>

RWオリジナル花壇ができました! 新築戸建て住宅♪

こんにちは、事務の田邊です!

建築中の残材を使用し、RWオリジナル花壇を製作しました!
flowerbox1.jpgflowerbox2.jpg
製作担当はいつも『実践Let's DIY』で製作をしてくれている施工の重城くん!
『J's工房』と題してたくさんのステキな作品を作ってくれています!

『実践Let's DIY』の様子はこちら>>


今回はそのオリジナル花壇をRW事務所前にお花を入れて飾りました!
flowerbox4.jpg
ステキでしょう♪やっぱりお花を見ると気分が上がりますね!

新型コロナウィルスの影響で、花の販売が止まっているそうです。

少しでも売り上げに協力できないか...
また思うように外出できない重い気持ちをお花で癒してもらいたい!

そんな気持ちでRW事務所1Fの入り口に飾ることにしました!
flowerbox3.jpg

今後も季節のお花を定期的に飾らせていただきます。
「もう少し大きくしよう!」
「下の段にも飾ろうか?!」
どんどん手を加え、変化させていきますので、お楽しみに♪

是非お近くにお越しの際は、DIYでも作れる簡単花壇で
心を癒していただけたら嬉しいです!

まだまだ、油断のできない状況が続いていきますが、
負けないで乗り越えていきましょう!!

おうち時間でDIY!バルコニーをリニューアル♪

こんにちは、営業部の佐々木です。

5月に入り、暑い日も多くなってきましたね。
汗っかきの佐々木としては大変な時期になってきました(^^;)
それでもしっかりとマスクは着用しましょう!

さて、GWは皆さまどのようにお過ごしになったでしょうか?
例年と違い、外出自粛をして自宅にいる時間が長くなりましたね。
そこで自宅にいる時間を少しでも快適に過ごすために、バルコニーをイメージチェンジしてみました!
実際、私がGW中にバルコニーをイメチェンしましたのでご紹介いたします!!


方法は簡単!!バルコニーの床にフロアデッキを敷くだけ!!

使用したのはIKEAさんの『RUNNEN』という商品。
seihin.jpg
30㎝×30㎝のパネルが9枚入って約2500円でした。1つで畳半分程の広さになります。

バルコニーのサイズに合わせて敷いていきます!

<Before>
before.JPGkeika.JPG

そして完成写真はこちら!!

<After>
After.JPGup.JPG


ご覧の通り、一気に雰囲気がリゾートっぽくなり、気分が上がりました!!
IKEAさんの商品は本物の木を使用しているので高級感があります。

他にもニトリさんや各ホームセンターでも似たような商品が販売されていると思います。

各施設、臨時休業や時短営業が続いていますが、通販等でも購入することができますので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

やろうと思って先延ばしにしていた方も、ステイホームの今が絶好のチャンス!
鬱々としがちな自粛期間ですが、DIYで気分をリフレッシュしてみるのもおすすめです♪

弊社では、おうちで簡単DIYの情報も発信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

簡単DIY情報『実践Let's DIY』はこちら>>

女性スタッフによる特別実践編! 実践Let's DIY!Vol.4【スマホスタンド】

Logo.png

『実践Let's DIY!』コーナー♪
このコーナーでは現場で出る廃木材を利用して、小物やインテリアなどを製作しています!

今までの作品集!はこちら>>

今回はこんなものを作っていきたいと思います!

【本日のお品:スマホスタンド】
phone25.jpg
インテリアとしてもかわいく実用性も兼ね備えたスマホスタンドを作成しました!
キッチンに置けば、ネットのレシピを見ながらお料理するのも楽々♪

いつもは施工部の重城が一人で作成していますが、今回は女性スタッフが挑戦!
女性でも本当に簡単に作ることができるのか、検証してみました!

さっそくLet'sDIY♪

【使う木材】
phone1-1.jpg
厚さ12㎜×幅85㎜×長さ(適宜)
厚さ15㎜×幅40㎜×長さ(適宜)


【用意するもの】
・のこぎり
・メジャー
・鉛筆などの印をつけるもの
・カンナもしくはカッター
・やすり(100円均一でも手に入ります。)
・木ネジ(100円均一でも手に入ります。)
・電動ドライバー(無ければドライバー)
・電動ドリル(無ければキリのようなもの)

【工程①木材カット】
まずは木材のカットになりますが、今回は自分の持っているスマートフォンのサイズに合わせて製作していきます。
自由に大きさを調整できるのもDIYのいいところですね(^^)/
phone2.jpgphone3.jpg
写真のように木材に自身のスマートフォンを置いてみてサイズを決めます。
縦にも横にも使えるように横の状態でサイズを決めました。

さしがねという定規を使い木材に対して垂直に線を引きます。
木材の両端同じ長さの位置に印をつけて結んでも良いですよ!
今回は200㎜にしてみました。早速切っていきましょう!

phone5.jpgphone6.jpg
のこぎりで切っていくのですが、なんと今は100円均一でも手に入ります!
使い居心地は...という感じですが、切れなくはないです(^^;)

【切る時のポイント!】
慣れていないとなかなか真っ直ぐに切るのは難しい!
そんな時はこんな工夫をしてみましょう♪
phone7.jpgphone8.jpg
切り口が真っ直ぐのいらない木材を切りたい線のところに固定して、
それに沿って切れば曲がってしまう心配はいりません!
写真のような固定器具を「クランプ」というのですが、100円均一でも手に入ります!

phone9.jpgphone10.jpg

作業台の端から飛び出して作業するとラクチンです!
厚みがそこまでない木材なので、女性でも難なく切ることができます!

phone11.jpg
厚さ12㎜×幅85㎜×200㎜
厚さ15㎜×幅40㎜×200㎜×2本
になるように切り出します。
(手を切らないようにご注意ください!)


【工程②やすり掛けする】
柔らかい印象になるのと触り心地も良くなるので木材にやすりを掛けます。
紙やすりで角と表面を綺麗にします!
phone13-2.jpgphone13-3.jpg
やすりも100円均一に置いてあります。
何種類か入っていますが、今回は目が粗いものでやすりました。
ちなみに、書いてある数字が小さいほうが粗く、大きいほうが細かい目になっています。
今回は「80」でやすりました。
綺麗な仕上がりにこだわる方は、荒い目である程度、角を落としながらやすった後、細かい目でやすると綺麗に仕上がります!

phone13-1.jpg
この写真のように、いらない木材に紙やすりを巻き付けて、やするとやりやすいです。
女性でも紙やすりだけで短時間で角を落とし、滑らかに仕上げることができます!

【工程③下穴をあける】
それぞれの木材をくっつけるために、クギを打つための下穴をあけていきます。

まずは、高さ合わせをしながら、固定する位置を決めていきます。
phone12.jpgphone14.jpg

ドリルで穴をあけていきます。均等に4ヶ所程度でしっかり固定できます。
phone17-2.jpgphone15.jpg

穴をあける木材の下に、いらない木材を置いて穴あけをすると、床を傷つけずに済みます!
そして、穴をあけるときに注意したいのが、真っ直ぐ穴をあけるということです!
当たり前のことですが、真っ直ぐ穴が開いていないとネジや釘が曲がってとまってしまうので、注意したいところです。
phone23-1-1.jpg
コツはドリルを回す前に開けたい所にドリルの先を当て、上からトントンと少したたいて凹ませると刃が暴れなくて良いですよ!

【工程④組み立てる】
準備した木材を組み立てていきます。

まずは、木工用ボンドで仮止めします。
phone20.jpg
穴をあけた位置で完成の形にボンドを薄くつけ、接着します。
付けた後、大きめのクランプで挟んで固定しておくとより作業しやすいです。
ある程度くっついたら、クランプを外し、はみ出たボンドを濡れた雑巾などでふき取ります。(※ちゃんと取らないと塗装した際にツヤになったり、木目が出なくなります。)
phone22.jpg

ビスで固定していきます。
phone18.jpgphone19.jpg
実はこのビスも100円均一で手に入ります!本当に便利ですね!
短いと止まりませんし、長いと飛び出てしまうので、ちょうど良い長さのものを選びます。
phone23-2.jpg
(手を打たないようにご注意ください!)

できあがり~♪
phone25.jpg

【工程④塗装】
そのままでも使えますが、思い思いの色に塗装してみました!

【用意するもの】
・セリアで購入した塗料
・雑巾
・刷毛

phone-color.jpgphone26.png
セリアの塗料は本当にいろんな種類があって便利です!
刷毛で綺麗に塗るもよし、布でこすってビンテージ感もよし!
それぞれ、好きな色に塗っていきました♪


【完成~!】
phone25-4.jpg
なんと、4つも作ってしまいました!
どれも、おしゃれでいい感じ~!!

phone25-3.jpg
何と今回は、裏側に社名をステンシル!!
なんだか、いい感じ~!

phone-logo.jpg
ステンシルはラミネートした用紙をカッターで切り抜いて、オリジナルで作りました!
100円均一などでも売っていますし、ラミネートがなくてもクリアファイルを使って同じようにオリジナルのステンシルも作れますので、ぜひ、挑戦してみてくださいね!


【女性スタッフの感想!】
スマホスタンドを一つ作るのに要した時間は1時間もかからずできちゃいました!
慣れてくれば、30分くらいでできそうです!
簡単に作れるスマホスタンド!

今回実際に製作に挑戦してくれた2名の女性スタッフに感想を聞いてみました!

Aさん
「思っていたより簡単にできました!気が付くと没頭していました。
DIYというだけで、難しかったり、上手くできないんじゃないかと嫌煙していました。
力のいる作業もないし、刃物だけ気を付ければ子供と一緒にやってみても面白いかも♪」
Bさん
「すっごく楽しかったです!あっという間にできてしまいました!
特に色塗りが楽しかったです!こんなに簡単なら他の作品も作ってみたい!」


女性でもこんなに簡単に作れるスマホスタンド!
スマホスタンドだけでなく、今までの作品も誰でも簡単に作ることができます!
これからも、簡単だけどおしゃれで便利な作品をご紹介していきます♪

外出自粛でおうち時間が増えている今だからこそ、新たにDIYに挑戦したり、じっくりDIYに打ち込めると思います!
RW流の作り方を参考にみなさんも色々と試して作ってみてくださいね♪

次回は弊社女性スタッフと一緒に挑戦して、本当に女性でも簡単にDIYができるのか⁈
楽しみながら、検証していきます♪お楽しみに~(^O^)/


現在、ライズウェルの現場では廃木材の無料提供を実施しております!
廃木材を提供している現場などの情報はブログカテゴリの
『Let's DIY』から見れますので、参考にしてみてくださいね♪
『Let's DIY』はこちら>>

おうち時間でDIY!ネコの爪とぎ防止策!!

こんにちは。営業部の佐々木です。
弊社でも新型コロナウイルスによる緊急事態宣言に伴い、テレワーク化を進めています。
そのため、最近は在宅ワークをする機会が増えました。
我が家では猫(雑種6歳オス)を一匹飼っているのですが、ダイニングで仕事をしているとどうしても猫が寄ってきてしまいます。
D3C86876-86EF-4128-BD72-3953DD5A2E9D.jpeg
在宅ワークをしていてペットに邪魔されてしまうという悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?そして、なぜかキーボードの上に乗ってきますよね?なぜでしょう?

今回はそんなペットに関するお悩みの一つ、壁での爪とぎを阻止するべく、DIYに挑戦してみたのでご紹介いたします。

我が家の猫は壁の角の部分で爪を研いでしまい、クロスを張り替えても数日後にはボロボロにされてしまっていました。
E380C916-638D-4813-B665-C3185490A966.jpeg

そこで壁の角に下記写真の様な爪とぎを手作りで設置してみました。
DE70386A-3E5C-4BD1-A1D6-8D9FAABC3465.jpeg
実はネット通販で買った壁保護ツールを真似して作成してみました。


ホームセンターと100円ショップで購入した材料で作成することが出来ます。
C8755C33-1286-4595-BFE5-640F4DA2EE04.jpeg

【材料】
<ホームセンターで購入したもの>
・麻袋(カットして使用します。切り屑が沢山出るので注意!)
・杉板2枚(幅6cm、長さ45cm、厚み9㎜)
※ホームセンターでカットしてもらいました。
・アングル材(15㎜×15㎜ 長さ1m)
8AFD4540-D947-46E3-B6B1-1F14F9D7D5C9.jpeg
※アングル材とはあL字型の鋼材のこと。今回はプラスチック製のものを購入しました。
・画鋲(足長タイプが良いです)
<100円ショップで購入したもの>
・硬質カードケースB4サイズ
・強力両面テープ
・マジックテープ(粘着テープ付)


トータルで1000円も掛かりません!

【作成工程】
02579E36-F8AE-45BB-8EA9-642937E4BB5E.jpegEC1E0B75-BE6C-456D-8922-262C59AE130F.jpeg
C3265452-E8E4-4B21-94A3-0634B2B56B72.jpegAB0AFEAA-95C5-4F82-98E8-0886E02CE560.jpeg
①杉板とカットした麻袋を両面テープで貼り付けます。
表面は全体的に両面テープを貼ります。

911AE3F3-815E-40FD-AC94-C3BE9F197324.jpeg
麻袋をカットすると端の部分がかなりほつれてくるので、木工用ボンド等で固めるとほつれてきません。

両面テープは強力タイプを使用することをお勧めします。
猫の爪とぎの力はかなり強いですからね(^_^;)

BA5EFBD0-9182-4DC8-A2CC-0BD115C12356.jpeg31B150DB-8890-43E6-B412-110687273C06.jpeg
②硬質カードケースをカットしていきます。
壁に画鋲で取り付けるのに、100円ショップの硬質カードケースの硬さがちょうどいいです!

A285E347-7EEF-40C0-AA7C-C3CF32BB1301.jpeg
サイズは横12㎝にカットして、真ん中に薄く切り込みを入れて直角に折ります。
この時割れてしまうので、防止のためセロハンテープ等で補強すると良いです。
縦はB4サイズでは1枚で作れないので、2枚にして合計の長さを45cmになるようにカットします。

3C4A9C17-FAB6-4005-81C4-52B60B96276B.jpeg
③アングル材をカットします。プラスチック素材なのでカッターでカット出来ます。
40cmを2本、5cmを4本カットします。
角を丸くカットしておくとケガ防止になります。

98E7A88C-336F-486F-8F75-1F0BB1D1A5C3.jpegF31E049D-1571-441A-8C6A-97CE7AFB1220.jpeg
④カードケースにアングル材を両面テープで取り付けます。

8505CC29-A915-4AC4-9E8F-29EE1A5EFCB4.jpeg
枠が完成したらマジックテープの片面も貼り付けます。

6A762204-B3F0-4444-9209-02B9A6706FE0.jpeg
⑤①で作成した板にも④で作成した枠のマジックテープの位置に合わせてマジックテープの反対面を取り付けます。

A86286AF-0719-4A5C-9CD0-6E86B41739EF.jpegF0A0178B-218B-49E8-B0A9-9B3452011099.jpeg
⑥設置する壁に④で作成した枠を画鋲で取り付けていきます。
猫がガリガリしてかなり負荷がかかるので、足長の画鋲を多めに取り付けます。

A55B1DD1-4C4A-4DE5-88FD-B788CB012FD3.jpeg
⑦最後にマジックテープで板を取り付ければ完成です!!


爪とぎ用の板は交換することが出来るので、板のパーツだけ作り替えれば長期間利用することができます!
個人的には麻袋を白にすれば目立たずに良かったと後悔しております(-_-)
次回交換時は白い麻袋でやってみます。
猫の爪とぎでお困りの方、少し手間は掛かりますが是非お試しください。

不要不急の外出自粛が求められている時期ですので、生活上必要なお買い物のついでに材料を購入して頂けたら幸いです。
おうち時間を楽しんでみてください♪

実践Let's DIY!Vol.3【ウォールフック】

Logo.png

『実践Let's DIY!』コーナー♪
このコーナーでは現場で出る廃木材を利用して、小物やインテリアなどを製作しています!

今までの作品集!はこちら>>

今回はこんなものを作っていきたいと思います!

【本日のお品:ウォールフック】
wallhook.png
玄関先に設置したり、お部屋に設置することで、洋服などをひっかけられる
ウォールフックを製作してみました!
さっそくLet'sDIY♪

【使う木材】
hook2.jpg
厚さ30㎜×幅40㎜×長さ(適宜)

photo3-2.JPG
今回使う廃木材は東村山市廻田町Ⅴ期の現場から実際に仕入れてきました!

このような木材が出るのは外観が写真のようなときに出ます!
廃木材の仕入れの目安にしてみてくださいね!
物件の詳細はこちら>>東村山市廻田町Ⅴ期【全1棟】

【用意するもの】
・のこぎり
・メジャー
・鉛筆などの印をつけるもの
・カンナもしくはカッター
・やすり(100円均一でも手に入ります。)
・木ネジ(100円均一でも手に入ります。)
・電動ドライバー(無ければドライバー)
・電動ドリル(無ければキリのようなもの)
・引き出し用つまみ(100円均一)

【工程①木材カット】
今回は先ほどご紹介した使う木材を長さ60㎝に切るだけ!
採寸し木材をカット!
今回はこの後の工程である木材をやする事を重視しました!

【工程②角を落とし、部材を面取りし、やすり掛けする】
hook3-1.pngphoto6_2.png
柔らかい印象になるので木材の角を落としていきます。
今回はカンナを使いましたが、カッターでも応用できます!
(手を切らないようにご注意ください!)
hook3-3.pngphoto8.png
紙やすりで表面を右側写真のように綺麗にします!
やすり掛けをしっかりしておくことで、洋服をかけたときに繊維が引っかかってしまうことを防いでくれます!

【工程③下穴をあける】
hook4-1.pnghook4-2.png
フックを取り付けるための下穴と壁に取り付けるための穴をあけます!
穴をあける木材の下に、いらない木材を置いて穴あけをすると、床を傷つけずに済みます!
そして、穴をあけるときに注意したいのが、真っ直ぐ穴をあけるということです!
当たり前のことですが、真っ直ぐ穴が開いていないとネジや釘が曲がってとまってしまうので、注意したいところです。

hook5-1.jpg
壁に取り付けるための下穴は間隔が455㎜になるようにあけていきます。
在来木造は455㎜間隔で柱や間柱が立っているため、455㎜にしておくことでしっかりと壁に設置することができます!

hook5-2.png
最後にフックを好きな間隔であけた穴のところに取り付けます。
今回は100円均一のセリアで引き出し用つまみを購入し取り付けました!
しっかりしていて、おしゃれです♪


【工程④塗装】
今回も100円均一のセリアで売っている塗料で塗装をしました!!

【用意するもの】
photo7_0-2.png
・セリアで購入した塗料
(今回は写真中央の水性ニスのウォルナット色と右の水性塗料のホワイトを使用)
・雑巾

photo7_2-2.pngphoto7_3-2.png
塗料を刷毛につけて作品につけ、全体に広がるように雑巾で塗り広げていきます。
染み込ませて表面は拭き取ることで木目が活かされて味のある作品に仕上がります!
少し塗っては広げる作業を繰り返すことできれいに仕上げることができます!
※写真は前回の物ですが、要領は一緒です!
今回は工夫を凝らし、水性塗料ホワイトを1度塗りした後に水性ニスのウォールナットを塗って仕上げました!

【完成~!】
wallhook.png
2種類の塗料を使用することで、かすりのような色合いに!
木目も生かしつつビンテージ感ある仕上がりです!

今回も実際にRWの物件に設置してみました!
<玄関>
genkan2.pnggenkan1.png
玄関に設置すれば、アウターなどをかけることができて、外出時や来客時に便利です!
玄関でアウターを脱ぐことで花粉やウィルスの室内への持ち込みを
防ぐことにも役立ちますね!
<居室>
kyositu2.pngkyositu1.png
居室に設置すれば、アウターかけにもなるし、つい床に置いてしまいがちな普段使いのバッグなんかもかけることができます!
帽子やマフラーなどの小物をかけてもいいですね!

玄関に設置しても、居室に設置しても扉の色合いに合っていていい感じです!
お部屋の雰囲気や扉の色などに合わせて
色を決めることが自然に馴染むコツです!

たくさん作って、各居室や玄関などいたるところに設置すれば、家全体としても統一感が出ますし、収納が増えてとても便利です!


外出自粛でおうち時間が増えている今だからこそ、新たにDIYに挑戦したり、じっくりDIYに打ち込めると思います!
RW流の作り方を参考にみなさんも色々と試して作ってみてくださいね♪

次回は弊社女性スタッフと一緒に挑戦して、本当に女性でも簡単にDIYができるのか⁈
楽しみながら、検証していきます♪お楽しみに~(^O^)/


現在、ライズウェルの現場では廃木材の無料提供を実施しております!
廃木材を提供している現場などの情報はブログカテゴリの
『Let's DIY』から見れますので、参考にしてみてくださいね♪
『Let's DIY』はこちら>>

実践Let's DIY!Vol.2【壁掛けの小物棚&鍵掛け】

Logo.png

『実践Let's DIY!』コーナー♪
このコーナーでは現場で出る廃木材を利用して、小物やインテリアなどを製作しています!

今回はこんなものを作っていきたいと思います!

【本日のお品:壁掛けの小物棚&鍵掛け】
photo1-2.png
見せる収納の小物棚も兼ねた、家族みんなで使える鍵掛けを製作してみました!
さっそくLet'sDIY♪

【使う木材】
photo2-2.jpgphoto2_1-2.jpg
厚さ30㎜×幅40㎜×長さ(適宜)
厚さ85㎜×幅12㎜×長さ(適宜)

photo3-2.JPG
今回使う廃木材は東村山市廻田町Ⅴ期の現場から実際に仕入れてきました!

このような木材が出るのは外観が写真のようなときに出ます!
廃木材の仕入れの目安にしてみてくださいね!
物件の詳細はこちら>>東村山市廻田町Ⅴ期【全1棟】

【用意するもの】
・のこぎり
・メジャー
・鉛筆などの印をつけるもの
・カンナもしくはカッター
・やすり(100均でも手に入ります。)
・木ネジ(100均でも手に入ります。)
・ボンド
・電動ドライバー

【工程①木材カット】
photo4.jpg
・天板になる部分 幅85mm×厚さ12mm×長さ400mmにカット1枚
・側板になる部分 幅85mm×厚さ12mm×長さ250mmにカット1枚
(※これを斜めにカットする。)
・背板になる部分 幅85mm×厚さ12mm×長さ265mmにカット3枚
・鍵掛けを取り付ける部分 幅30mm×厚さ40mm×長さ265mmにカット2本


上記の寸法で、採寸し木材をカットしていきます!

【工程②角を落とし、部材にやすりをかける】
photo6_1.pngphoto6_2.png
柔らかい印象になるので木材の角を落としていきます。
今回はカンナを使いましたが、カッターでも応用できます!
(手を切らないようにご注意ください!)
photo5_2-2.pngphoto8.png
紙やすりで表面を右側写真のように綺麗にします!

【工程③組み立て】
photo6-2.png
ボンドをつけて組み合わせて木ネジで固定します!
下穴を空けておくと簡単に取り付けることができます!

photo6_2-2 .pngphoto6_3-2.png
最後に100円均一で売っているネジ式フックを好きな場所に取り付けます。

【工程④塗装】
今回は100円均一のセリアで売っている塗料で塗装に挑戦!!

【用意するもの】
photo7_0-2.pngphoto7_1-2.png
・セリアで購入した塗料(今回は写真中央の水性ニスのウォルナット色を使用)
・雑巾

photo7_2-2.pngphoto7_3-2.png
塗料を刷毛につけて作品につけ、全体に広がるように雑巾で塗り広げていきます。
染み込ませて表面は拭き取ることで木目が活かされて味のある作品に仕上がります!
少し塗っては広げる作業を繰り返すことできれいに仕上げることができます!


【完成~!】
photo1-2.png
塗装することで、落ち着いた色味のビンテージ感のある作品に仕上がりました♪

今回は実際にRWの物件に設置してみました!
S__7634949.jpgS__7634948.jpg
鍵掛けの予定なので玄関に、グリーンと一緒に設置してみました!
家具の色にも馴染んでいい感じです♪
nitti.png
もちろん玄関だけでなく、LDKの柱やニッチ等に設置してもいいと思います!

S__7634946.jpg
今回は弊社スタッフにかわいいホルダーを作ってもらいました!
100円均一で購入したコルクと紐とシールでこんなにかわいくおしゃれなホルダーができました!家族の一体感がありつつ、誰の物かわかりやすくて便利です!

工夫次第で色々とアレンジできるのがDIYの良いところですね(^-^)
最近は100円均一もおしゃれな材料が充実しているので、安価でおしゃれなものが製作できて、便利です!
ぜひ、参考にみなさんも色々と試して作ってみてくださいね♪


現在、ライズウェルの現場では廃木材の無料提供を実施しております!
廃木材を提供している現場などの情報はブログカテゴリの
『Let's DIY』から見れますので、参考にしてみてくださいね♪
『Let's DIY』はこちら>>

実践Let's DIY!Vol.1 【スツール】

Logo.png

『実践Let's DIY!』コーナースタート♪
このコーナーでは現場で出る廃木材を利用して、小物やインテリアなどを製作していきます!

さっそく今回はこんなものを作っていきたいと思います!

【本日のお品:スツール】
IMG_2927.JPG
スツールとは背もたれの無い1人掛けの椅子のこと。
今回はインテリアの台として小物を製作してみました!さっそくLet'sDIY♪

【使う木材】
photo2.jpg
厚さ30㎜×幅40㎜×長さ(適宜)
厚さ35㎜×幅135㎜×長さ(適宜)

今回使う廃木材は府中市四谷の現場から実際に仕入れてきました!
photo3.png
このような木材が出るのは外観が写真のようなときに出ます!
廃木材の仕入れの目安にしてみてくださいね!
物件の詳細はこちら>>府中市四谷Ⅰ期【全2棟】

【用意するもの】
・のこぎり
・メジャー
・鉛筆などの印をつけるもの
・カンナもしくはカッター
・やすり(100均でも手に入ります。)
・木ネジ(100均でも手に入ります。)
・ボンド
・電動ドライバー

【工程①木材カット】
photo5.jpg
・天板になる部分135mm×35mm角の材料を400mmにカット1枚
・足になる部分30mm×40mm角の材料を200mmにカット4本
・支える部品30mm×40mm角の材料を70mmにカット2本
・支える部品30mm×40mm角の材料を300mmにカット2本

上記の寸法で、採寸し木材をカットしていきます!
photo5_2.png
同じ物を作るときは1個目の部材を合わせて印をつけると簡単に同じ大きさになりますよ!

photo5_1.png
足になる部分と支えになる短い部品はサイドが斜めになります!

【工程②角を落とし、部材にやすりをかける】
photo6_1.pngphoto6_2.png
柔らかい印象になるので木材の角を落としていきます。
今回はカンナを使いましたが、カッターでも応用できます!
(手を切らないようにご注意ください!)

photo9.pngphoto8.png
紙やすりで表面を右側写真のように綺麗にします!

【工程③組み立て】
image_xlarge (1).jpgimage_xlarge (2).jpg
side.jpgunder.jpg
ボンドをつけて組み合わせて木ネジで固定します!
下穴を空けておくと簡単に取り付けることができます!

【完成~!】
photo1.png
窓辺やお庭に置いて植物を飾ったり、インテリアの飾りとしてもおしゃれです!
小さなお子様なら実際に座ることもできちゃうかも♪
アイデア次第で様々なものが飾れておしゃれに演出できます!

今回は木の色味を活かしたものにしましたが、
流行のオイルステインで塗装すればアンティークっぽくもなりますし、
パステルカラーなどで塗装すれば子供部屋にぴったりのインテリアになります!

ぜひ、参考にみなさんも色々と試して作ってみてくださいね♪


現在、ライズウェルの現場では廃木材の無料提供を実施しております!
廃木材を提供している現場などの情報はブログカテゴリの
『Let's DIY』から見れますので、参考にしてみてくださいね♪
『Let's DIY』はこちら>>